長谷川真史が野菜ソムリエになるために勉強を兼ねたサイトです

ゴーヤ

ゴーヤ

和名の「ツルレイシ」は、イボに覆われた果実の外観と、
完熟すると仮種皮が甘くなるという2つの形質が、
ムクロジ科の果樹であるレイシ(ライチ)に似ていることに由来する。
つまり、蔓性の植物体に実るレイシの意味である。
また、果肉が苦いため「ニガウリ」とも呼ぶ。農学・園芸学では
ツルレイシを用いることが多い[1]が、生物学では近年ニガウリを用いることが多い。

沖縄本島ではニガウリのことを「ゴーヤー」と呼ぶのが一般的であるが、
沖縄料理ブームの影響もあり、全国的に見ると「ゴーヤー」または
ゴーヤ」を使用することが多くなっている。「ゴーヤ」という
呼称が普及していった経緯は諸説ある。中国語では
苦瓜 (kǔguā、クーグア)や 涼瓜 (liángguā、リァングア)などと
呼ばれ、日常的に食用にするだけでなく、焙煎してお茶として
飲用することもある。また、英名の bitter melon も
苦い瓜の意味である。

九州・南西諸島各地に地方名があり、沖縄県では沖縄本島(首里・那覇方言や今帰仁方言など)で「ゴーヤー」、
宮古島(宮古方言)で「ゴーラ」、八重山(八重山方言)で
ゴーヤ」、熊本県をはじめとする九州の大部分では「ニガゴリ」、
鹿児島県奄美大島では「トーグリ」、長崎県諫早地方、
鹿児島県本土では「ニガゴイ」などと呼ばれている。
諫早地方では「ニガウイ」の名称も併用される。

以上のように多くの名称が用いられているが全て同じ種類の植物で、
つまり標準和名ツルレイシ
(蔓茘枝、学名:Momordica charantia var. pavel)である。
ただ、広く流通する現代では幾つかの栽培品種が存在し、
品種によって苦味の強さにも差があり、九州地域で栽培されてきた
細長い品種は苦味が強く、沖縄地域で栽培されてきた太いものは
苦味が穏やかである傾向がある。前者の細長い品種を「ニガウリ」
ないし「ニガゴリ」、後者の太いものを「ゴーヤー」と栽培されてきた
地域のそれに習い、呼び分ける場合もある。

画像の説明

栄養価

≪100 g (3.5 oz)あたりの栄養価≫

エネルギー79 kJ (19 kcal)
炭水化物4.32 g
糖分1.95 g
食物繊維2.0 g
脂肪0.18 g
飽和脂肪酸0.014 g
一価不飽和脂肪酸0.033 g
多価不飽和脂肪酸0.078 g
タンパク質0.84 g
水分93.95 g
ビタミンA相当量6 μg (1%)
ビタミンB10.051 mg (4%)
ビタミンB20.053 mg (4%)
ビタミンB30.280 mg (2%)
ビタミンB60.041 mg (3%)
葉酸(ビタミンB9)51 μg (13%)
ビタミンB120 μg (0%)
ビタミンC33.0 mg (55%)
ビタミンE0.14 mg (1%)
ビタミンK4.8 μg (5%)
カルシウム9 mg (1%)
鉄分0.38 mg (3%)
マグネシウム16 mg (4%)
リン36 mg (5%)
カリウム319 mg (7%)
塩分6 mg (0%)
亜鉛0.77 mg (8%)

%はアメリカにおける成人向けの栄養摂取目標 (RDI) に対する割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

くりっく365のデメリット